人妻出会い系

おすすめ人妻出会い系

実際に出会える人気の出会い系アプリを大紹介
恋人探しから不倫・浮気相手探しまで、あなたの希望の熟女や人妻の登録者が日々増加中です。

 

実際の出会い系の体験談も満載です。

 

人妻は魅力的です。

 

人妻出会い系体験談

出会い系サイトには浮気や不倫希望の熟女や人妻さんが沢山います。

 

女性ホルモン垂れ流しのエッチな人妻とのゲス不倫こそ男の夢ですが、彼女たちはなぜ出会い系サイトを利用してまで不倫に走るのでしょうか。

 

今日はその心理を読み解きたいと思います。

 

まず注目すべきは、人妻が求めているものはお金ではないということです。世の中には人妻専門風俗店が腐るほどありますよね。

 

単純にお金が欲しいならそちらで働けばいいのです。出会い系を利用している人妻たちがお金目当てではないことは明らかです。

 

このことから、熟女や人妻たちが求めているものはどうやら心理的なものだということが言えそうです。

 

それならば、スリル感や夫への復讐という意見が出てきそうです。

 

これは一理ありそうですが、本当の正解だとは言えません。

 

スリル感や復讐を目的とするならなら、夫も知っているような近場にいる男性と不倫をするはずです。

 

職場で不倫する人妻や学生時代の彼氏と再燃する人妻こそがこのタイプです。

 

近場での不倫はばれた時の衝撃が大きいので、それに比例してスリル感や恨みの度合いが増していきます。

 

中には近場に適当な人がいないという人妻もいるでしょうが、それはほぼ例外と思っていただいて構いません。

 

さて、いよいよ答え合わせの時間になります。

 

熟女や人妻出会い系サイトで不倫に走る人妻の裏にある心理とは、ズバリ「自己承認欲求」になります。あるいは、「女としてのプライド」とも言い換えられるかもしれません。

 

そもそも、人妻さんというのは激しい競争社会である恋愛において結婚という結果を残した勝者であります。実際、彼女たちは若いころその容姿で男たちからの注目を集めてきました。

 

ある程度の年齢を迎えたものの、女性としての魅力はまだまだ衰えていないとの自負心があります。

 

ところが、自己評価と現実ではギャップがあります。

 

人妻と聞くと多くの男性は引いていってしまいますし、自分より容姿の劣る若い子がチヤホヤされるところを見せつけられます。彼女たちの女としてのプライドは激しく傷つけられます。

 

「もう一度魅力あふれる女として見られたい」彼女たちからはそのような願望が生まれます。その結果、熟女人妻出会い系サイトでの不倫や浮気を繰り返すことになります。

 

サイトを使えば、沢山の男性からアプローチを受けることも可能です。

 

自分に魅力を感じている男たちがこんなに沢山いる、その事実を確認することで彼女たちの自己承認欲求は満たされていくのです。

 

人妻出会いSNSにいる人妻の心理をわかっていただけたと思うので、次は特徴についてお話しします。

 

彼女たちは容姿には一定の自信を持っていて、プライドも高いものがあります。家庭を壊す気はなく、出会い系サイトはあくまで自分の欲求を満たすための場です。

 

そのため、お世辞とわかっていても男性からの褒め殺しには滅法弱い。人妻と遊びたい男性にとってはそこにチャンスが生まれます。

 

人妻を見つけたら積極的に褒めてあげましょう。自己承認欲求によって人妻出会いSNSを使うという心理を理解することが人妻ゲットの秘訣になります。

 

 

巨乳の熟女人妻と出会い系で知り合い温泉旅館でセックスをした時の体験

僕には彼女がいるにはいるのですが、4ヶ月以上まったく会っておらず、連絡もたまにしか取っていない状況だったため、先月の春頃に思い切って出会い系サイトで人妻と浮気をしてしまおうと思いました。

 

そこでネットでいくつかの出会い系サイトの情報を調べ、30代から40代の不倫目的の女性が多いサイトに登録。
これは、お互いが浮気や不倫であるほうが、同じ感覚で出会えると考えたためです。
そして、プロフィールの作成を完了させ、さらに掲示板への不倫相手募集の投稿を行いました。

 

すると、数名の女性から足跡とメッセージが残されていたため、とりあえず全ての女性にお礼と、まずは少し話をしましょうというメッセージを返して様子を見ました。
そしてメッセージのやり取りを行う中で、お互いの日程や住んでいる場所などの条件で、会えそうな女性を絞り込み、結果、同じ県に住んでいる42歳の熟女の人妻と一泊二日で温泉旅行に行くことが決定。
彼女が言うには、近々旦那さんが関西方面に5日間の出張に行くとのことで、その時に会おうということになりました。

 

その後、宿泊費はこちら持ちで僕が車を出すということで話がまとまり、金曜日と土曜日に群馬県の温泉に行くことになったのです。
僕の職場は、早番と遅番の出勤が定められており、特定の時間帯の業務がなければある程度自由に出勤時間が決められるため、金曜日の出勤時間を早めてそのまま車で埼玉県の本庄駅に向かいました。

 

駅に着き車を降りて彼女に連絡を入れると、白いワンピースに紺色のカーディガンを着た落ち着いた感じの女性が僕の車に近づいてきました。
その女性は、顔お世辞にもそんなに綺麗というわけではありませんでしたが、笑顔が魅力的で僕好みのロングヘアーの豊満な体をした巨乳熟女でした。
そして、車に乗る前に挨拶がてら少しだけ彼女と話し、早速群馬の赤城にある温泉旅館に向けて出発。

 

旅館に着くと、まずは温泉に入って汗を流そうということで、それぞれ温泉でリフレッシュ。
そして、部屋で彼女と食事とお酒を楽しみました。
食事を終えた僕たちは売店で追加のお酒を購入しに行き、その間に部屋には布団が敷かれていました。
部屋に戻った僕たちは、窓際のソファでお酒を飲んでまったり話をしていましたが、彼女が少し酔いが回ってきたと言いながら僕の隣に座って、もたれかかってきたのです。

 

僕は飲んでいたグラスをテーブルに置き、そのまま彼女の肩を抱きかかえ布団の上に移動。
すると彼女の浴衣がはだけて、その大きな胸があらわになりました。
僕は彼女の胸にゆっくりと手を当て、やさしく彼女の胸を揉みながら彼女の顎を少しだけ持ち上げキスをしました。
さらに僕は彼女の浴衣を脱がせ、両胸を揉みながら乳首をこするように刺激し、さらに彼女と舌を絡ませディープキス。
そしてお互いに浴衣と下着を脱がせあい、彼女が僕のチンコを咥えてフェラをしてくれ、僕もそのまま仰向けになり、彼女の下半身を僕の顔の方に向け彼女のアソコを舐めました。

 

しばらくシックスナインを続けていましたが、彼女のアソコがいい感じに濡れてきたので、そのまま彼女を仰向けに寝かせて正常位で挿入。
そんな彼女は、僕にしがみつくように抱きついてきて、そのまま中に出していいと言われたので、彼女の膣の中に勢いよく射精をしてしまいました。
その後、少し休憩をしながら、中に出しても大丈夫だったのかと聞いてみると、彼女は問題ないと答えてきたのです。

 

しばらくすると、再び彼女が僕の乳首を舐めてチンコをしごき始めたため、僕のチンコは元気になり、それを確認した彼女が僕の上にのって来て騎乗位で挿入。
またまた彼女の中で2回目の射精をしたのです。
そして、彼女と激しいセックスを楽しんだ後に、お互いに満足をして眠りにつきました。

 

出会い系の人妻熟女のテクニックに翻弄された若き日々の記憶

私は22歳の時に20歳の彼女と別れました。元々もてる体質でもなく、その彼女は貴重な存在でした。

 

そんな彼女と別れてからもやはり女性とは付き合いたいと思いました。しかし女性との出会いの場には普段から出入りせずでそれは難しかったのです。

 

そんな私は遂に「出会い系」に手を出しました。正直言うと、会った事がなくとも相手が女性ということであるならば、しばらくはメールだけでも気がまぎれました。

 

出会い系サイトと言っても、実際に会える人は稀で、気休めに使うくらいでいいだろうという軽い気持ちで利用していました。

 

私は42歳の女性とメールを行うようになっていました。

 

私より歳が20も上ですが、当時は孤独で寂しかったので歳なんかはどうでもよいと思っていました。

 

その女性は私から話を聞き出すスタイルの連絡を常に行っていました。その中で私の女性経験を聞かれました。

 

私は相談相手や愚痴を吐く先を持たなかったので、先にも記した別れた彼女のことをメールで話しました。

 

相手の女性はとても親切で丁寧な返しをしてくれて、私は彼女に独り身の寂しさを語ることで心の平穏を保っていました。とにかく相手の女性はやさしい。当時の私は荒れていたので、別れた彼女の愚痴もたくさん吐いたのですが、彼女は全て私を肯定してくれました。

 

私は釣りやドライブが好きでそれらのこういったところが楽しいなどの話しても彼女は退屈せずに聞いてくれて、私の趣味に関する質問のメールも送ってくれました。それの返信がとても楽しかったです。

 

そんな調子で彼女とやり取りをする内に向こうから一度会わないかと提案されました。こんなことは始めてで、それがなにか罪のような気がして何度となく断ろうと思ったのですが、そうすれば彼女から嫌われるのではと想い、私は思い切って会うことにしました。

 

彼女は私と同じ県に住んでいたので、二人の家の中間地点くらいにある駅で会うことにしました。

 

もしかして彼女は来ないかもと想いどきどきして先に行って待っていたらちゃんと来てくれたので安心しました。彼女は先にも記した通りの42歳の人妻、慎重は160を越えたくらいだと思います。

 

いわゆるぽっちゃちり系で見た目にも柔らかそうでした。

 

ファッションのことには詳しくはないのですが、全体的に黒色でコーディネイトしていました。顔は女優の竹内結子さんに少し似ていたと思います。

 

はっきり言って好みの顔でした。清潔感があるだけで、見た目も中身も不快感がまるでありませんでした。

 

私達はとりあえず駅近くの喫茶店に入りました。彼女はこうしてサイトで知り合った人と会うことが始めてではないと言っていました。

 

経験があるからこそ佇まいには貫禄があると思いました。私は緊張し通しでしたが、彼女は物怖じせずに話します。

 

驚くことに彼女は近くのホテルで部屋をとっていると言うのです。喫茶店よりもそちらの方がもっと落ち着けるからということで私達はホテルへ移動しました。

 

彼女は夕方まででもいいし、良かったら泊まって帰っても大丈夫な手はずが整っていると言います。

 

外で会う彼女は微笑むと歳の割りに童顔に見えましたが、ホテルに入ってシャワーを浴び、バスローブに着替えると妖艶に見えてきました。

 

私達はホテルで遂に肉体関係を結んでしまうのですが、彼女は何故か行為を始める前に夫のことを話してきました。

 

夫は大手の会社に勤務していて性格に問題はないのですが、夫婦の夜の営みに関してはすっかり冷めてしまっているとのことでした。

 

彼女は体よく若者を味わいたいのでサイトを利用したようです。それで言うと私はすっかり彼女のいいようにされている状態でしたが、脱いだ彼女はすごく肌が綺麗で、とにかく白くて張りがありました。私はされるがままの状態でベッドで体を重ねることになりました。

 

正直40代があんなに元気だとは思いませんでした。腰の振り具合が絶妙なものでした。彼女は歳の分だけことに慣れているので、行為の最中には私の耳元で「どう、気持ちいい?」と繰り返し聞いてきました。

 

私は快楽と混乱の中で意識がはっきりしない時もありましたが、耳元でそれを言われたことはよく覚えています。

 

その日に帰る予定だったのですが、私は疲れてしまって結局ホテルに泊まりました。次の日の10時くらいに帰りました。

 

その際彼女はタクシーと電車代に使いなさいと言って私に1万円を持たせました。

 

私は何故か、それを使うのが惜しいと想い、その日は自分の財布のお金で帰り、もらった一万円は今でも使わずに手元にとっています。

 

知的な40歳の人妻とセフレ関係に

同棲していたカノジョと事情があって別れることになり、私は一人で暮らす身となりました。別にケンカ別れでもなかったので、彼女は週に一度はマンションの部屋を訪れ、料理や洗濯をやってくれます。

 

ただ体に触れることだけは許さないので、私は普段はオナニーをし、1ヶ月に1度ほど風俗に行ってありあまる性欲を解消することにしていました。

 

私は三十路を迎えたばかりですが、なぜか若い女性に興味を感じません。よく行く風俗もいわゆる熟女の店ばかり。マザコンなのか、自分より年上の女性に抱かれていると非常な安心感を覚えます。

 

やがて風俗に行くだけでは飽き足らなくなってきたため、私は初めて出会い系サイトを使ってみることにしました。

 

登録したのは出会い系サイトの定番の一つ、PCMAX。ここを選んだのは、携帯番号を知らせる必要がないので登録がやりやすく、利用者も多いと聞いていたからです。

 

最初は慣れないためにどんどんポイントを使ってしまい、ずいぶん無駄な出費をしました。これはPCMAXに限らないでしょうが、この手の出会い系サイトの1番のデメリットは女性のふりをした業者が暗躍しているということです。

 

メッセージがよく来るためについポイントを使って返事をしてしまうのですが、そういうのはほとんどが業者。

 

普通は、女性の方から男性にアプローチすることなど皆無といっていいようです。

 

また、ルックスのよい写真をアップしている女性もかなりの確率でニセモノが混じっていますから、真贋を見分けるのが中々大変……。

 

それでも慣れていくうちに「このひとは業者じゃないな」という勘が働くようになり、メッセージを送ると返事が戻ってくるようになりました。

 

好みが熟女ということで35歳以上の女性をターゲットにしていたのですが、年下がいいという人も結構いて、何人かとはLINEの交換まで漕ぎ着けました。

 

私の好みは確かに熟女ですが、誰でもいいというわけではありません。

 

やはりルックスは大事です。幸い、LINEを交換した中で、私の好みにピッタリの女性がいました。

 

目尻の辺りに愛嬌があり、笑顔がすごく似合います。四十歳の人妻ですが、旦那さんが長期出張中で孤独をかこっているとのこと。子供もいません。

 

割り切って付き合うには絶好の相手、ということで、私はLINEのメッセージや通話で熱心に口説きました。

 

もともと向こうも浮気するつもりでサイトを利用していたのですから、話は簡単です。「じゃあ、会いましょう」とすぐに結論が出て、都心の駅前で待ち合わせることにしました。
当日、待ち合わせの場所にやってきたのは、スラリとしたボディラインを持つ魅力的な女性。顔もさることながら、そのスタイルの良さには驚きました。しばらくカフェで話をしましたが、話もとても知的で、ますます惹かれる気持ちが強まります。

 

「どうでしょう、このままホテルへ、というのは?」おずおずとそう切り出すと、彼女は「いきなりですか」と笑い出しました。

 

でも拒否するというわけではなく、「近くのホテルってどこでしょう」と自分からスマホで調べ始めます。歩いて数分のところにラブホテルがあると分かり、そこまで一緒に歩いていきました。

 

部屋に入ってシャワーを浴び、ベッドに潜り込むと、彼女はそれまでの知的な雰囲気をかなぐり捨てて激しく求めてきました。以後は2人とも我を忘れたようになり、結局その夜はホテルに泊まることに。

 

朝起きてもさらにエッチを行い、通勤客の目を気にしながらホテルを出ました。

 

以後、これまで体の関係を続けています。

 

ずっと一緒にいたいくらいですが、そうなると執着心が出て、彼女の家庭を壊すことになりかねません。旦那さんが帰ってきたら、未練なく別れるつもりです。

更新履歴
page top