出会い系サイト人妻

出会い系サイトの淫乱看護師人妻

人妻出会い系で知り合った相手は、看護婦で人妻の可愛い女性

 

私は、自営業を営む男性であり既婚者として子供も2人います。

 

関西の地方に住み、平凡な生活を送る日々で奥さん以外の恋人も諦めていました。

 

そんな時、仕事の知り合いから出会い系サイトを教えてもらいます。

 

人妻出会い系サイトというと、正直いいイメージがなく本当に出会えるのか疑問を持っていました。

 

しかし、ある日曜日他の家族が出かけていたため、退屈しのぎに人妻出会い系サイトを使用してみます。

 

人妻サイトは、有名で評判が良く登録から利用までスムーズに行えます。プロフ検索から女性数人に、自分の紹介メールを送ってみました。

 

数分後1人の女性から返信メールが届き、感動をする事になります。女性は、少し離れた地域の病院勤務している看護婦です。

 

年齢は、28歳で結婚している人妻らしく写真を見ると、ルックスは可愛い感じになります。

 

「あなたのメールを見て、共通する点があったので1度会ってみたいと思い返信しました」と、看護婦は私に興味を持ってくれたようです。

 

メールのやりとりを数回した後、私は看護婦に「今度の土曜日夜空いてる?」と、送ると「空いてるよ。会ってデートしようよ」と、会う約束が出来てうれしいです

ワイ談好きな人妻看護師に興奮

看護婦と私はどちらも既婚者ですが、土曜日の夜は仕事の付き合いでお酒を飲むと家族に伝えます。

 

そして、土曜日の夜になり待ち合わせの7時に、某駅前で私は看護婦を待っているとそれらしき女性が目の前に来ます。

 

女性は、大人ぽい雰囲気の服装で顔は丸く可愛いと言えるルックスです。

 

「看護婦のOOさんですか?」「はい。そうです。OOさん?」と、出会い系サイトの女性が本当に来てくれました。

 

2人は、軽い会話を済まして近くの居酒屋へ行く事になります。居酒屋に入ると、私は酎ハイと3品ほどの料理を頼みます。

 

人妻の看護婦も酎ハイと料理を続けて頼み、軽い雑談をして過ごします。

 

私は、「まさか本当に会えるとは思わなかったので、緊張して恥ずかしいな」と、伝えると人妻は、「私も人見知りなので初対面は、緊張するよ。

 

でも、メールでやりとりしたから初対面じゃないみたい。」と、私と気が合うようです。私は、続けて人妻に仕事の話をぶつけてみました。

 

「看護婦の仕事ってきつくない?嫌な先輩や患者などはいない?」と、言うと「最初は、大変だったけど慣れてくると平気だよ。

 

でも、エッチな患者が意外と多いのよ」と、人妻は言いました。

 

「ちなみにどんな患者がいるの?」と、私が聞くと「寝たきりの男性を世話している時、結構体とかお尻と触ってくるのよ。」と、人妻は笑います。

 

「でも、相手は病気だから気にならなくて逆にアソコを触ってやる事もあるのよ」と、エッチな1面も教えてくれました。

 

そんな感じで1時間近く居酒屋で過ごして店を出ると、私は知っているバーに人妻を連れて行きます。

 

30分ほどバーでお酒を飲み会話をした後、「ホテルで休憩しようよ」と、人妻を誘うとOKしてくれます。

フェラ上手な人妻看護師は、エッチも好き

私と人妻はバーを出たら、タクシーに乗りラブホテルへ行きます。ホテルへ入り部屋へ着くと私は、人妻にいきなりキスをします。

 

人妻の服を脱がすと、人妻のエッチなボディーが堪りません。私は、オッパイを揉み乳首に吸い付くと舌をレロレロと動かします。

 

人妻は感じ始めました。私は、人妻のパンツの中に手を入れ弄ると、グショグショと音が伝わってきます。

 

パンツを脱がし、アソコを舐めまわす私に人妻の喘ぎ声も大きくなります。

 

人妻は、私の性器を触りパンツを下すと、ムシャブリついてきました。人妻の舌技は上手く、本当に男性器が好きといった感じで舐めています。

 

私は、ガマンできずに人妻の口の中に白い液体を出してしまいます。人妻は、それを嫌がる事なくゴクリと飲んでくれました。

 

そして、人妻は「さあ2回戦始めよう。これからが本当の楽しみだから」と、まだまだ物足りない様子でエッチをしたがっています。

 

その後、私と人妻の看護婦は時間内エッチを楽しみホテルを後にしました。


page top